スティーブ・ヴァイやエアロスミスのツアーでも活躍中!Lava CableのTightrope Kit、ゴールドプラグが入荷!


大人気のパッチケーブル制作キットに、ゴールドプラグバージョンが入荷!
Lava Cable Gold Plug TightRope Solder Free Kit L字型プラグキットは、なんとあのスティーブ・ヴァイエアロスミスのツアーでも活躍中だそうです!

Tightrope Solder Free Kitのゴールドプラグバージョンです!
Lava CableのTightRope Solder-Free Pedal Board Kitは、手頃ながら非常に高い信頼性を確保した、はんだ付け不要のパッチケーブル制作キットです。
非常に高い評価と実績のある、超小型のLava Plugを踏襲した新しいプラグ。そしてセットされる20AWGの極細TightRopeケーブルは、32 pF/ftのローキャパシタンスを実現したソリッドコアパッチケーブルです。

ボードを美しく仕上げ、また余計なグラウンドループなどを回避するためにも自分でパッチケーブルを制作したい。低価格で高品質、かつはんだ付けも不要なパッチケーブルを求めているプレイヤーにはまさに最適なキットです!

作り方は3ステップ!(画像は通常版)


まず、好きな長さに切り取ったケーブルの先端から、1cmちょっと皮膜を剥きます。


ここは少し注意が必要。この写真は失敗ですが、皮膜を剥く際に力を入れ過ぎると、このようにシールド線をまとめて切ってしまうことがあります。
実は制作全体を通して一番気を使うのがこの工程。ここだけは注意してください。


気を取り直して、今度は成功!


シールド線を1ヶ所にまとめます。この時、全てのシールド線をまとめたことを確認してから次にすすんでください。


次は芯線を露出させます。4mm程度です。


こうはさんで、クルッと回します。


ここは簡単。


次はプラグです。


今までのパッチケーブルキット用のRight Angle Plugとの比較。
造形はほぼ同じですが、少し違っています。


分解すれば違いは明らか。パーツの数がそもそも違います。


見づらいですが。左がRight Angleプラグです。中に針が出ています。TightRope Kitの場合、逆に穴が開いています。



その穴に合わせるように、ケーブルを差し込みます。差し込んだら半回転ほど回します。うまくはまるとカチっという手応えがあり、このまま手を話してもプラグが外れません。


続いて、プラグのキャップです。


こうして溝に合わせて


押し込むと、L字型のプラグになります。


完成です!


ケーブルの質が柔らかく、このようにいろいろな形にできます。


これまでのMini ELC Cableとの比較。さらに極細になっています。


断面比較。これまでのケーブルは芯線が複数本あり、ここに針が通るようになっていました。TightRope Kitでは、芯線が単線になり、ケーブル側がプラグに入るようになります。



ずらしても、くっつけても、場所を取らない超小型プラグです。


スイッチャーに使っても場所を取りません。これは嬉しいですね。

超小型プラグ、柔らかく細いケーブル。そして好きな長さで、はんだ付けをすることなく手軽に作ることができるパッチケーブル!しかもお手頃価格です!
これこそ求め続けてきたパッチケーブルキットの最終形!


ただいま即納可能!
Amazonでも取扱っています

ハイクオリティなパッチケーブルを、好きな長さで、しかも手頃に!Lava Cable High-End Tightrope Solder-Free kitまもなく入荷!


Lava Cableより、新しいパッチケーブルキットがまもなく入荷いたします!

ava CableのHigh-End Tightrope Solder-Free kitは、革新的なはんだ付け不要のパッチケーブル制作キット、Tightrope Solder-Free kitに、ソリッドトリリウムを用いたハイエンドプラグを採用。このプラグは、銀メッキ加工がなされ、抵抗値を最小限にまで軽減し、圧倒的な導電率を実現したプラグです。

ソリッドトリリウムカッパーは、さらに比類なき耐久性を実現します。そこにUltramafic Solid Cableと合わせ、極上のパッチケーブルが仕上がります。

Ultramafic Solid Cableは銀メッキ加工をした20ゲージ、32 pF/ftキャパシタンスのケーブルで、音声信号に余計な加工をせず、クリアな信号伝達をします。


Lava CableのTightRope Solder-Free Pedal Board Kitは、手頃ながら非常に高い信頼性を確保した、はんだ付け不要のパッチケーブル制作キットです。

ボードを美しく仕上げ、また余計なグラウンドループなどを回避するためにも自分でパッチケーブルを制作したい。低価格で高品質、かつはんだ付けも不要なパッチケーブルを求めているプレイヤーにはまさに最適なキットです!

Lava Cableは、アメリカ、ノースカロライナ州フェイエットヴィルに本拠を構え、スペシャライズドカスタムケーブルを製作、販売し、数多くのプロフェッショナルアーティストから高い信頼を得ています。

Lava Cableの製作するケーブルは、全てミリタリースペックの水準を満たし、世界中のさまざまなブランドが生産しているコネクターとも親和性が高く作られています。
そのため、本国アメリカを中心に、世界中のプレイヤーLava Cableのサウンドを体感することができます。そしてLava Cableは、その音色と使い勝手の良さに対して、惜しみない賞賛を受け、今ではアメリカのトップクオリティブランドとして君臨しています。

  • 作り方


まず、好きな長さに切り取ったケーブルの先端から、1cmちょっと皮膜を剥きます。


ここは少し注意が必要。この写真は失敗ですが、皮膜を剥く際に力を入れ過ぎると、このようにシールド線をまとめて切ってしまうことがあります。
実は制作全体を通して一番気を使うのがこの工程。ここだけは注意してください。


気を取り直して、今度は成功!


シールド線を1ヶ所にまとめます。この時、全てのシールド線をまとめたことを確認してから次にすすんでください。


次は芯線を露出させます。4mm程度です。


こうはさんで、クルッと回します。


ここは簡単。


次はプラグです。


今までのパッチケーブルキット用のRight Angle Plugとの比較。
造形はほぼ同じですが、少し違っています。


分解すれば違いは明らか。パーツの数がそもそも違います。


見づらいですが。左がRight Angleプラグです。中に針が出ています。TightRope Kitの場合、逆に穴が開いています。



その穴に合わせるように、ケーブルを差し込みます。差し込んだら半回転ほど回します。うまくはまるとカチっという手応えがあり、このまま手を話してもプラグが外れません。


続いて、プラグのキャップです。


こうして溝に合わせて


押し込むと、L字型のプラグになります。


完成です!


ケーブルの質が柔らかく、このようにいろいろな形にできます。


これまでのMini ELC Cableとの比較。さらに極細になっています。


断面比較。これまでのケーブルは芯線が複数本あり、ここに針が通るようになっていました。TightRope Kitでは、芯線が単線になり、ケーブル側がプラグに入るようになります。



ずらしても、くっつけても、場所を取らない超小型プラグです。


スイッチャーに使っても場所を取りません。これは嬉しいですね。
 

超お手頃!Lava Cable最新パッチケーブルキット!TightRope Solder-Free Pdal Board Kit!


これは注目です!
Lava Cable最新のパッチケーブルキット、TightRope Solder-Free Pdal Board Kitが入荷しました!
美しいペダルボード制作にも欠かせない、自分で長さを決めて作ることの出来るパッチケーブルキット!もちろんはんだ不要で簡単なキットです!


作り方は3ステップ!実際に制作してみました!


まず、好きな長さに切り取ったケーブルの先端から、1cmちょっと皮膜を剥きます。


ここは少し注意が必要。この写真は失敗ですが、皮膜を剥く際に力を入れ過ぎると、このようにシールド線をまとめて切ってしまうことがあります。
実は制作全体を通して一番気を使うのがこの工程。ここだけは注意してください。


気を取り直して、今度は成功!


シールド線を1ヶ所にまとめます。この時、全てのシールド線をまとめたことを確認してから次にすすんでください。


次は芯線を露出させます。4mm程度です。


こうはさんで、クルッと回します。


ここは簡単。


次はプラグです。


今までのパッチケーブルキット用のRight Angle Plugとの比較。
造形はほぼ同じですが、少し違っています。


分解すれば違いは明らか。パーツの数がそもそも違います。


見づらいですが。左がRight Angleプラグです。中に針が出ています。TightRope Kitの場合、逆に穴が開いています。



その穴に合わせるように、ケーブルを差し込みます。差し込んだら半回転ほど回します。うまくはまるとカチっという手応えがあり、このまま手を話してもプラグが外れません。


続いて、プラグのキャップです。


こうして溝に合わせて


押し込むと、L字型のプラグになります。


完成です!


ケーブルの質が柔らかく、このようにいろいろな形にできます。


これまでのMini ELC Cableとの比較。さらに極細になっています。


断面比較。これまでのケーブルは芯線が複数本あり、ここに針が通るようになっていました。TightRope Kitでは、芯線が単線になり、ケーブル側がプラグに入るようになります。



ずらしても、くっつけても、場所を取らない超小型プラグです。


スイッチャーに使っても場所を取りません。これは嬉しいですね。

超小型プラグ、柔らかく細いケーブル。そして好きな長さで、はんだ付けをすることなく手軽に作ることができるパッチケーブル!しかもお手頃価格です!
これこそ求め続けてきたパッチケーブルキットの最終形!

今ならポイント10倍!即納可能です!

ただいまLava Cableポイント10倍!ハイクオリティな新製品、Van Den Hul Cable入荷しました!


Lava Cableから、売り切れになっていた各モデルが再入荷しました!
10/24 12:59まで、ただいまLava Cable全モデルポイント10倍です!


そして、新製品も入荷しました!
この新しいケーブルは、オランダのハイエンドオーディオメーカー、Van Den Hul社のケーブルを用いて、ハイクオリティなサウンドを実現したケーブルです。



Van Den Hulケーブルは極性ケーブルで、白いリングのプラグ側をアンプに挿します。





ケーブルはしっかりとした質感で太く、頑丈そうな印象です。プラグも大きめですが、しっかりと固定されています。ケーブルのカールする方向に少しプラグがオフセットしているので、例えばストラトキャスターの舟型ジャックにも使いやすい形状です。
LSタイプは、L字側がG&Hのプラグとなります。

このハイクオリティなVan Den Hulケーブルを含め、Lava Cable全品ポイント10倍!
このチャンスをお見逃しなく!

ただいまLava Cableポイント10倍!ハイクオリティな新製品、Van Den Hul Cable入荷しました!


Lava Cableから、売り切れになっていた各モデルが再入荷しました!
10/24 12:59まで、ただいまLava Cable全モデルポイント10倍です!


そして、新製品も入荷しました!
この新しいケーブルは、オランダのハイエンドオーディオメーカー、Van Den Hul社のケーブルを用いて、ハイクオリティなサウンドを実現したケーブルです。



Van Den Hulケーブルは極性ケーブルで、白いリングのプラグ側をアンプに挿します。





ケーブルはしっかりとした質感で太く、頑丈そうな印象です。プラグも大きめですが、しっかりと固定されています。ケーブルのカールする方向に少しプラグがオフセットしているので、例えばストラトキャスターの舟型ジャックにも使いやすい形状です。
LSタイプは、L字側がG&Hのプラグとなります。

このハイクオリティなVan Den Hulケーブルを含め、Lava Cable全品ポイント10倍!
このチャンスをお見逃しなく!

世界最小級のプラグを生かした、もっと強固なパッチケーブルキット!

Soldered Mini Plug Kit Right Angle L字型プラグ


Soldered Mini Plug Kit L字プラグ×6+ストレートプラグ×4セット




大変ご好評いただいております、はんだ不要で使えるLava Cableのパッチケーブル製作キット、Lava Solder−Free Kit。
このキットは、好きな長さで簡単にパッチケーブルが作れるのはもちろんのこと、世界最小クラスのプラグ形状でも人気です。

このMooerのペダルボードの参考写真にも使っていますが、このとおりうまく使うと非常にコンパクトにケーブルをまとめることができる優れものです。

しかし、Solder-Freeキットは半田付け不要でたしかに便利なのですが、物理的にどうしても、プラグがゆるんできたりあまりにも大きな力がかかった場合にケーブルとプラグが外れたり、ずれたりしてしまうことはあり得ることです。

そこでLava Cableは、小さなパーツを少し加え、半田付けの行程を加えてこれまでのプラグはそのままにより強固にパッチケーブルを作成できるキットを製作。ただいま入荷しています。

このキットの構造はこのとおりです。
少しパーツが増えています。

作り方はこのとおり。実際にやってみます。


まず、キットを開けます。


ケーブルの先端の皮膜を、付属のケーブルストリッパーで剥きます。


できました。これでStep1終了です。


続いてStep2。付属の絶縁体をこうしてケーブルに通します。


通したら、余分なシールド線をまとめてしまいましょう。


ここからStep3。少し細かい作業になります。まず、シールド線の内側にある芯線の部分もはさみ等をつかって剥きます。


このように、芯線そのものをむき出しにします。


では、先に芯線にはんだを少し載せておきましょう。


次に、この写真の手前にある小さな銀色のピンを使います。


これを、こうして・・・


はんだ付けします。ここが最も重要なところで、このピンがプラグの内部でしっかりとかみ合い、これまでのはんだ不要のキットとは全く違う強靱さを実現します。


次はStep4。付属の黒いチューブをかぶせます。


Step5とStep6は、はんだ不要キットのプラグ取り付けとまったく同じ。プラグの中にある針を先ほどのピンにしっかり通し、あとはプラグのキャップを締めるだけです。


普通のプラグと比べ、明らかに場所を取らないこのコンパクトプラグ。
このプラグを使ったケーブルを、さらにこだわって強く作りたいプレイヤーのためのキットです。

今なら即納可能!!
Soldered Mini Plug Kit Right Angle L字型プラグ
Soldered Mini Plug Kit L字プラグ×6+ストレートプラグ×4セット

ハイクオリティで人気のケーブルがグレードアップ!

Lava Cableの数あるケーブルの中で、はんだ付け不要のパッチケーブルキット、Solder-Freeキットと並んで人気のケーブル、Lava Clear Connect Cableが新しくなりました!


これまでのClear Connectケーブルは山吹色のプラグがトレードマークでしたが、新しくなったClear Connect 2ケーブルは薄いパープルカラーがトレードマークです。


新しくなったのはプラグです。
これまでのプラグ同様、はんだを使わず、ケーブルからプラグまでダイレクトに配線できる、このケーブル独特のプラグを使用。
それがグレードアップにより、さらにクリアで音を生かしたサウンドを実現しています。

今なら即納可能!
さらに、これまでのClear Connectケーブルが大特価です!